<   2011年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Jからのお知らせ

「大きな地震があった時、うちはちょっと大変だったんですよ。」 J
f0214858_2035411.jpg

あー、それは言ってほしくないなぁ。。。
「あのね、壊れたものとかなかったんですが、床に積んであった本の山やCDがどーっと崩れてきたんです。」 J

Jが告げ口しているように、本とCDの山が崩れました。本棚の本は無事だったのに。なんだかだらしなさが露見した感じです。そこで、本、雑誌、写真集、CD等整理しました。新品同様なので捨てちゃうのは、本に申し訳ないと思っていたら、BOOK OFFに送って、売れたら、赤十字社等を通して義援金として被災者の方に届けて頂けるそうです。早速週末にパッキングして送ろうと思います。詳しくはこちら

f0214858_20503122.jpg

by kazabana_am | 2011-03-31 20:46 | 日々のこと

美しい春の訪れ

今日で3月は終わりです。2011年の3月、忘れることの出来ない月になりました。まだまだ問題山積みなので、なかなか春を楽しむ気持ちになれませんが、赤坂にも春がやって来ました。
f0214858_19411523.jpg

f0214858_1947101.jpg


今月の日経新聞の私の履歴書は、建築家の安藤忠雄さんでした。最終回の今日は、安藤さんからの心に響く、強いメッセージでした。「人間性を育む教育を行い、自分なりの価値観をもつ「自立した個人」をつくり、家族や地域への愛情を持った日本人の国民性を回復しなければ、未来は見えてこない。」と。

安藤さんが最後に紹介して下さったのは、フランスの詩人ポール・クローデルが同じく詩人のポール・ヴァレリーに話した言葉でした。

『私はこの民族だけは滅びてほしくないと願う民族がある。それは日本民族だ』

*ポール・クローデルは、彫刻家カミーユ・クローデルの弟で、外交官でもあり、駐日フランス大使として日本に駐在していたこともあります。
by kazabana_am | 2011-03-31 20:08 | お花

感謝の日々

f0214858_1957189.jpg

今まで当然のようにあるとおもっていたものが、実は限りのあるものであるということ、多くの方々のお蔭であるということ、感謝の日々です。

穏やかな気持ちで過ごせる日が一日も早く訪れますよう。
by kazabana_am | 2011-03-30 19:58 | 日々のこと

魔法の力

f0214858_2016594.jpg

ルビー、サファイヤ、エメラルド、3つのリングが合わさると、魔法の力が生み出されますなんてことがあったらいいのですが。それは物語の世界のこと。でも、人の力は無限大だと思います。一人一人が、出来ることを精一杯行えば、きっと明るい未来が開けると信じています。

福島フィフティーズの方々、被災地で働いている方々、ボランティアの方々を思うと、私はなんて無力なのだろうと思いますが、毎日会社に行って、きちんと働いて、経済活動の末端の役目を果たす。それも私が最低限しなくてはいけないことと思っています。

f0214858_20284365.jpg


石言葉*
ルビー: 情熱
サファイヤ: 誠実
エメラルド: 希望
by kazabana_am | 2011-03-29 20:29 | 日々のこと
新しい週が始まりました。電車の混雑もだいぶ落ち着いてきて、オフィスの暗さや駅の暗さにもすっかり慣れて来ました。ずっとこのぐらいでいいかもと思う部分もあります。

少しナーバスになっていたJも落ち着いてきたようです。当たり前のことですが、Jは私たち飼い主がいないと、ご飯も食べられないし、お水も飲めません。私たちに守られて生きているわけですが、家に帰ってきた時に、のそのそと尻尾ふりふり出てきてくれると、家に帰ってきてよかったと思い、疲れも忘れます。地震の報道にびくびくしている時に、Jを撫でたり抱っこしていると、その重さ、温かさにほっとしたり。なんだかJに守ってもらっているように感じます。
f0214858_21513042.jpg

被災地で、飼い主さんとはぐれてしまったペット達が飼い主さんと再会出来ますように。
いろいろと難しい状況だとは思いますが、避難所でペットもなんとか飼い主さんと一緒に過ごせますように。
人間のことが大好きな犬たちが、その澄んだ目で見つめてくれるだけでとても励まされるから。
f0214858_2271656.jpg



「災害時にペット同伴の避難所の確保や増加、ペット入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名」に会社で親しくしている方々にも署名して頂き、投函しました。詳しくはこちら
by kazabana_am | 2011-03-28 22:10 |

春を待つ日々

地震後2週間過ぎました。被災していない私たちも、余震、原発、停電、物不足、野菜等への放射線量等、依然として不安は尽きませんが、心を強く日々過ごしていきたいと思います。春の選抜高校野球の選手宣誓に感動しました。心がこもってて、素晴らしいメッセージでした。

f0214858_20381487.jpg

f0214858_20383675.jpg


早く春が訪れますように。特に被災地にいち早く春が訪れますように。

*金曜日よりexciteブログの画像の読み込みが出来ませんでした。まだ不具合があるかもしれません。
by kazabana_am | 2011-03-27 20:40 | 日々のこと

希望

先日、TVのニュースで、避難所とされているある学校の体育館で卒業式が行われ、子供たちが被災された方々の前で「ふるさと」を歌っている映像を見ました。背筋を伸ばし、一生懸命歌う子供たち、涙を浮かべながらじっと聞き入っていたお年寄りの方々。素晴らしい映像でした。子供たちが避難所のお年寄りの肩を叩いて、マッサージしてあげる映像もありました。
多くの方々がBlogやツイッターで取り上げられていらっしゃいますが、作家の村上龍さんが、「すべてを失った日本が得たものは、希望だ」と書いていらっしゃるように、私も子供たちの姿を見ていて「希望」を感じました。
f0214858_1940266.jpg

お年寄りが平穏に暮らせ、子供たちが安心して暮らせる、私たちのふるさと「美しい日本」を一日も早く取り戻せますように。

村上龍さんのニューヨークタイムズへの寄稿文
by kazabana_am | 2011-03-23 19:54 | 日々のこと

願い

f0214858_2118516.jpg

離れ離れになっているご家族(含むペット)が早く会えますように。
被災地に物資が届きますように。
様々な困難なことが落ち着いていきますように。
絶望感、喪失感から一筋の希望が生れてきますように。
そして、その希望が大きな光となりますように。
by kazabana_am | 2011-03-22 21:23 | 日々のこと
「大丈夫よ」なんて人には言いながらも、私も不安な日々を過ごしていたのでしょう(今もですが。。。)、知らぬ間に、ご近所のミモザも満開、沈丁花の香りのする季節になっていました。そして、寒い季節を乗り越えたクリスマスローズがあちらこちらで満開に。
f0214858_16192183.jpg

控えめにうつむいて咲いていますが、日陰でも、雪が積もっても、カラカラ天気でも、みんなで元気に咲いています。今の日本に相応しい花だと思いました。特に被災地の方々に。
f0214858_1623395.jpg

by kazabana_am | 2011-03-20 16:30 | お花

1週間が過ぎました。

被災地の方々のことを考えると、東京にいる私たちの不安など些細なことですが、長かったような、短かったような1週間が過ぎました。
f0214858_23141361.jpg

Jも少し過敏になっているようですが、元気です。

失われた命、家、町のことを思うと、何と言ったらいいのか言葉に表せませんが、被災された方々が一日も早く、穏やかに生活出来る日が来ますようお祈り申し上げます。そして、私たちは今出来ることをひとつひとつしていくこと、落ち着いて行動すること、元気でいること。

*Blogの更新をしばらくお休みするつもりでしたが、節電状況をみながら時々更新することにしました。
by kazabana_am | 2011-03-19 23:20 | 日々のこと