花と犬、日々のこと、そしてPhoto


by kazabana_am
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:写真展( 62 )

f0214858_18511192.jpg

写真展のご案内をした際に、展示以外のちょっとしたプランについて書きましたが、内容がまとまりましたので、ご連絡します。

昨年の写真展の際に、数名の方より、用紙について、撮影場所について、オールドレンズについてご質問を受けたのですが、ゆっくりとお話する時間もなく中途半端になってしまったので、今回はこのようなことについて、下記のようにお話する時間を作ることにしました。

1.日時
11月28日(金) 10時半より12時
11月29日(土) 10時半より12時

12時より通常の展示になります。(30日(日)は11時より)

2.内容
今日のBlogのタイトルに書きましたように、レッスンでもワークショップでもなく、お茶でも飲みながら、何種類かの用紙にプリントした写真を見て頂いて、プリント用紙による違いを実感して頂いたり、和紙にプリントしたものを見て頂いたり、撮影場所、時間、カメラ、レンズについて詳しくお話しするという趣旨です。

残念ながらJamesはお仕事がありますので(お留守番)、参加出来ませんが、お茶でも飲みながらおしゃべりしましょうということで、James Cafeという名称にしました。

ギャラリーの椅子に数に限りがありますので、ご出席ご希望の方は事前にご連絡下さい。参加者が1名、2名の場合でも行います。ご参加を楽しみにしております。
by kazabana_am | 2014-10-27 19:07 | 写真展

素晴らしかった写真展

昼間は夏のような日差しが感じられますが、朝晩の空気はヒンヤリして、気持ちの良い日々が続いています。最近いくつかの写真展に行きましたが、その中で2つ、とても素晴らしい展示でしたので、ご紹介します。

1. 内藤さゆり写真展: Once in a Blue Moon (キヤノンギャラリー、品川で開催中、10月28日まで)
本屋さんで見かけた写真雑誌の表紙に惹きつけられ、手に取りページをめくってみたら、内藤さゆりさんという写真家の撮影された3月のロンドンの写真でした。いわゆるロンドンの写真ではなく、静かな光をとらえた美しい写真でした。

暗いギャラリーに一歩足を踏み入れた瞬間に目に入って来る美しい光の作品。流れている音楽がまた素敵で、動きの止った映画を観ているような気持ちになりました。

f0214858_2141245.jpg

f0214858_21413372.jpg


2.地蔵ゆかり写真展「子供の情景」(ホテル椿山荘内ギャラリー ENTRE DEUXで開催中、12月1日まで)
こちらは椿山荘の廊下にあるギャラリーのせいか、「子供の情景」というテーマでありながら、シューマンの「子供の情景」の音楽が流れているわけではありませんが、展示されている子ども達の写真を見ていると、シューマンの音楽が聴こえてくるような、聴きたくなるような気持ちになります。
f0214858_21551730.jpg


音があると集中出来ないという方もいらっしゃるかもしれませんが、私は写真を撮る時もたいてい何か音楽を聴いています。私の写真展の時にも音楽は流そうと思います。
by kazabana_am | 2014-10-19 22:02 | 写真展
f0214858_17585219.jpg

写真展のご案内をお出しして以来、早速にメールやお葉書、facebookのメッセージなどでご連絡を頂きましてありがとうございます。

10月、11月の予定をみていたところ、仕事をしていない割にいろいろな用事があることに気がつき、少しあせってしまいました。特に写真展の前の週は毎日のように何か予定があるという状況で、早めに準備をしておかないと、直前にバタバタしてしまいそうです。

貴重な秋の日にいらして下さる方々が、来てみてよかったと思って下さるような展示にしたいと思いつつ、今日は写真選びをしていました。四季の写真ではありますが、今回は秋に開催なので、秋の写真を多めにしようと思います。

皆様にお目にかかれること、楽しみにしております。
by kazabana_am | 2014-10-14 18:10 | 写真展
写真展の案内状を本日発送しました。お知らせの裏にギャラリーの地図を印刷しましたが、小さいのでよくわからないかもしれません。お越し頂ける方はギャラリーのHPでご確認ください。ポストカードサイズで1枚おまけのプリントを同封しています。
f0214858_16201075.jpg

f0214858_16202094.jpg


それと、今回もまたmarble*さんがBlogでご紹介下さいました。=> ☆
ご紹介の文章が素晴らしくて、あ~、どうしよう、、、状態になっていますが、いつもありがとうございます。私が思っていることを本人以上に、表現して下さって、もう何も言うことはありません。

案内状も発送したことですし、本格的に準備に取り掛からなくてはいけません。
by kazabana_am | 2014-10-07 16:27 | 写真展
10月になりました。今年の夏も暑かったと思いますが、意外と残暑の日々が短くて、今年は秋が長いのかしらと期待しています。先日コスモスの咲く公園に行ったら、少しずつ木の葉の色が秋色に変わっていました。どの季節もそれぞれの美しさがありますが、私は秋が一番好きです。そんな秋の日に、写真展を行うことにいたしました。昨年の4月にお借りした吉祥寺のギャラリーを再びお借りして、下記の日程で行います。秋は皆さま、ご旅行、イベントなどいろいろご計画もあることと思いますが、私の写真展にもお越し頂けると嬉しいです。

テーマは、今回も、Season's Greetingsです。

期日: 11月28日(金)~30日(日) 
     28日(金) 12時より18時
     29日(土) 12時より18時
     30日(日) 11時より17時
場所: ギャラリー 悠 
     東京都武蔵野市中町3-25-15 (JR吉祥寺駅・三鷹駅より徒歩15分)
     駅からバスもありますが、詳しくはギャラリーのHPをご参照ください。
     Map: http://www.g-you.jp/info/access.html

f0214858_1012996.jpg


来週ぐらいにはご案内状を発送する予定です。ご案内状ご希望で、届かないわという方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。連絡方法は、メール、facebookのメッセージ、このBlogのコメント欄に非公開コメントでお願いいたします。

撮った写真のこと、プリントの用紙のことなどをお話しする時間なども考えております。詳細が決まりましたら、Blogでもお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。

素敵な秋を。
by kazabana_am | 2014-10-01 09:58 | 写真展

Various Colors - 夢のあとに

子供の頃、若い頃と比べて、膨大に過去の思い出があるわけですが、思い出はどんどん美化されていき、いろいろな出来事が重なり合い、本当はあったことではないのに、こうあったらよかったとか、ほんとうはこうであったというように、少し姿を変えて現れてくることがあります。
f0214858_10393633.jpg

夢のように美しい風景の中の若いお父さんと女の子。私自身、父と一緒にこんな風景の中を歩いたことはありませんが、父のことを思い出すと、こんなシーンが思い浮かびます。私、父にはわがまま放題で親孝行というようなことを何もしませんでした。それでも、父の私への深い愛を思うと、私が幸せに暮らすことが親孝行であると勝手に思っています。たぶん、父もその通りと言ってくれると思います。

朝の光、幻影、懐かしい風景、
風の音の中に微かに聞こえてくるのはフォーレの曲、
「夢のあとに」。
風がやみ、静寂の中に残されたのは幸せな思い出。
f0214858_10395027.jpg

by kazabana_am | 2013-10-14 15:49 | 写真展
新緑の季節から梅雨へ向かう時期、梅雨が明けていよいよ真夏、ここ数年夏が長いので、夏が苦手な私にとてはあまり楽しい季節ではありません。それでも、早朝は多少は涼しいし、光がはっきりしていて、光と影を探しながらカメラを向けると、幻想的な世界が現れます。
f0214858_10173399.jpg

急に身体が小さくなってこの光の世界に入って行くと、何があるのでしょう。朝の時間は遠くに微かに車や電車、犬、人の声が聞こえますが、時々吹いてくる風の音にかき消され、静かな独りだけの世界に変わります。
夢の世界に。将来の目標、なりたいものを意味する未来に向かう夢ではなく、過去、懐かしい日々が蘇るような過去に向かう夢の世界。自然とテーマが決まりました。
by kazabana_am | 2013-10-13 10:32 | 写真展
f0214858_2392920.jpg

グループ展にいらして下さった方に、テーマはどのようにして決めるのですか?と尋ねられたのですが、最初は別のテーマを考えていました。グループ展の最初のミーティングで、テーマは自由と伺い、帰りの電車の中で閃いたのは、「Rainy Days」というタイトルでした。梅雨に入る前でしたし、雨に濡れた舗道、濃くなる緑、紫陽花の花びらに落ちたしずく、傘やレインシューズ、散歩中にびしょびしょになってしまった犬、など、いろいろなイメージが浮かんだのですが、なかなか雨が降らなかったのです。それに、グループ展は10月。雨の写真は似合わないかなと、別のテーマを考えることにしました。

テーマを決めてから撮るか、撮ったものの中から、展示したい写真を選びだし、テーマを後から考える。どちらがいいのでしょうね。私の場合、どちらとも言えず、ある日突然、撮っているうちにテーマが浮かんできたという感じでした。
f0214858_23292837.jpg


季節が春から夏へ、新緑や次から次へと咲く花に、だんだんと光が強く射す季節になって行きました。
by kazabana_am | 2013-10-11 23:32 | 写真展
早いもので、写真展スタートから1週間が過ぎてしまいました。先週の今頃は、搬入も終わり、翌日からの写真展にわくわくどきどきそわそわしていました。
f0214858_231226.jpg

今回のテーマは自由だったので、より一層各自の個性が表れたのかもしれません。私のオールドレンズの大先輩、Yumikoさんの「around 6 pm, Tokyo」、午後6時という時間の西と東の風景、東京のシンボルである東京タワーとその周辺の壮大な美しい風景。東京って美しい都市なのだなぁと、都民として嬉しくなりました。

Miyakoさんの「温故知新」。新しい東京と古い東京。新しい東京につい目がいっていますが、都内はまだまだ昔の面影を残した場所がたくさんあります。月島や谷中など、カメラを持って歩いたら、いろいろなテーマが見つかりそうです。

Namiさんの「一期一会」。展示の仕方も素敵でした。被写体との出会いは本当に一期一会。2度と同じ風景はありません。そして、同じ写真を見ても、その時の心の状態で全く違う印象であるかもしれません。

以上、グループ展のメンバーとしてでなく、私一個人としての感想です。さてさて、私のテーマですが、最初は別のテーマを考えていたのです。私のテーマについては次回に書きます。

今日の1枚は、今回作ったフォトブック「夢のあとに」の最初のページに載せた写真です。夢の世界への入り口でしょうか?それとも出口でしょうか?
by kazabana_am | 2013-10-09 23:02 | 写真展

Various Colors - the final day

4日間のグループ展は本日終了致しました。大勢の皆様にお越し頂きありがとうございました。あたたかいメッセージをたくさんいただいた上に、お花、お菓子など頂きまして、お心遣い感謝しております。
f0214858_21485723.jpg

その上、思いがけず、大変多くの方から、「J君、大変でしたね。」「J君、元気になりましたか?」「J君、もう大丈夫ですか?」とJのヘルニアのこと、ご心配頂きまして、ありがとうございました。皆様に愛されて、世界一幸せな犬です。
f0214858_21525527.jpg

会期中、Jと人気、話題を2分した(いえいえ、J以上の人気でした!)Yumikoさんの猫ちゃんデュークとJamesの記念写真をご披露します。Yumikoさんと、次回は、Cats & Dogs 写真展をしましょうかと相談しました(これは冗談ですよ!)。

今回の私のテーマ、作品についてはまたゆっくりBlogに書きたいと思います。次回はいつですかと何人かの方に尋ねられたのですが、次回、、、今年は4月に個展、今回グループ展と一生分の写真展をしてしまったかのような気持ちですので、今はまだ次回のことは考えていなかったのですが、帰りに主人に、「次回はいつ?」と聞かれたので、次回、、、ちょっと考えてみようかなという気持ちも少しだけ芽生えてきました。またいつか皆様にお目にかかれますように。

幸せな4日間をどうもありがとうございました。

グループ展をプロデュースして下さった結花先生、ありがとうございました。Yumikoさん、Miyakoさん、Namiさん、ご一緒出来てとても幸せでした。ありがとうございました。
by kazabana_am | 2013-10-06 21:56 | 写真展