花と犬、日々のこと、そしてPhoto


by kazabana_am
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

長かった一日 - Jamesの手術

f0214858_21222875.jpg

(James 生後6ヶ月、実家の庭で)

昨日はとても元気で、今週末はきっと散歩に行けるだろうと思っていました。今朝、6時半頃、私が抱っこして新聞を取りに行って(Jamesの朝の日課です)、家に入って、床に降ろした瞬間、キャヒンと大きな声で鳴き、そのまま後ろ脚が麻痺してしまいました。すぐにかかりつけの病院に電話をしたら、院長先生が出て下さって、7時半に連れてきてくださいと言われ、病院に連れて行きました。院長先生に、結構重症だと言われ、川崎市の日本動物高度医療センターを紹介され、10時半に連れて行きました。医療センターで診てもらったところ、椎間板ヘルニアのグレード3でしょうと言われました。椎間板ヘルニアはグレード1~5まであって、5が一番重いのです。血液検査、レントゲンの結果、ヘルニア以外は何も異常がないということで、午後にMRI(全身麻酔)を撮り、ヘルニアの部分を特定した後、そのまま手術となりました。5時半頃手術が終わり、Jamesに会って来ましたが、麻酔が十分覚めていなくて、ポワンとした症状で、まるで赤ちゃんの時のようでした。看護士さんに抱っこされ、フンフン鳴いていました。順調に行けば3連休の最後ぐらいに退院できるようです。順調に行くことを祈ることしか出来ません。

Jamesのいない家に帰って来たのは久し振り。ご飯頂戴と催促されることもなく、ぴょんぴょん飛びついて喜んでくれる姿もなく、とても変な感じです。

退院後、1週間ぐらいで抜糸、その頃歩けるようになっていたらいいなぁと思います。
by kazabana_am | 2013-07-09 21:41 |