花と犬、日々のこと、そしてPhoto


by kazabana_am
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

守っているような、守られているような

新しい週が始まりました。電車の混雑もだいぶ落ち着いてきて、オフィスの暗さや駅の暗さにもすっかり慣れて来ました。ずっとこのぐらいでいいかもと思う部分もあります。

少しナーバスになっていたJも落ち着いてきたようです。当たり前のことですが、Jは私たち飼い主がいないと、ご飯も食べられないし、お水も飲めません。私たちに守られて生きているわけですが、家に帰ってきた時に、のそのそと尻尾ふりふり出てきてくれると、家に帰ってきてよかったと思い、疲れも忘れます。地震の報道にびくびくしている時に、Jを撫でたり抱っこしていると、その重さ、温かさにほっとしたり。なんだかJに守ってもらっているように感じます。
f0214858_21513042.jpg

被災地で、飼い主さんとはぐれてしまったペット達が飼い主さんと再会出来ますように。
いろいろと難しい状況だとは思いますが、避難所でペットもなんとか飼い主さんと一緒に過ごせますように。
人間のことが大好きな犬たちが、その澄んだ目で見つめてくれるだけでとても励まされるから。
f0214858_2271656.jpg



「災害時にペット同伴の避難所の確保や増加、ペット入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名」に会社で親しくしている方々にも署名して頂き、投函しました。詳しくはこちら
by kazabana_am | 2011-03-28 22:10 |