花と犬、日々のこと、そしてPhoto


by kazabana_am
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近読んでいる本

f0214858_208377.jpg

先日六本木の青山ブックセンターに行った時に、文芸書コーナーの書棚に堀江敏幸さんという方の本がハードカバー、文庫とたくさん飾られていました。毎日のように本屋さんには行くので、たいていの作家さんの名前だけは見たことがあるのですが、この作家さん、この時まで存じ上げなかったのです。上の写真のカバーに惹かれて手に取ってみると、なんとなく私の好きなタイプの作品だったので、買いました。カバーの写真も著者が写されたものでした。家に帰って調べてみたら、芥川賞含め数々の文学賞を受賞されている作家であり仏文学者であることを知り、なんで今まで知らなかったのだろうと恥ずかしくなりました(本は好きですが、文学賞には興味がないということも知らなかった理由の一つかな?)。この後、数冊買い、家ではこのハードカバー、通勤時には文庫(おぱらばん、熊の敷石)というようにこの方の本3冊を並行して読んでいます。

フランスが舞台の作品が多いのですが、小説のようなエッセイのような、どう表現したらいいのかわからないのですが、読んでいるとモノクロの写真を見ているかのような感覚になります。澄んだ繊細な空気が伝わってくるようで、ほんの少し悲しくて、でも暗くはなくて。。。という感じ。

来週の火曜日に青山ブックセンターで「堀江敏幸先生の文学柔夜話(ぶんがく・やわやわ)というイベントがあり、最近読んだ本、絵画や写真のことなど、その時頭に浮かんだことがらふわりふわりとお話しされるそうです。行ってみようと思います。
by kazabana_am | 2010-12-02 20:22 | Book