花と犬、日々のこと、そしてPhoto


by kazabana_am
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ビーズのドレス

本棚の整理をしていたら、森瑤子さんの「人生の贈り物」という最後のエッセイ集が出てきました。このエッセイ集は、「ベネチアングラス」「モロッコの酒入れ」「ラリックのショットグラス」「ヨロンの海と同じ色のガラスの魚」「ジャンパトウの4261個めの香水」というようにタイトルを並べてみただけでも素敵なんですが、タイトルに合わせた写真が載っていて、とても贅沢な本です。
f0214858_1815824.jpg

上の写真は「ランバンのアンティーク・ドレス」というタイトルのエッセイの写真です。フランソワーズ・サガンの翻訳で有名な朝吹登水子さんの軽井沢の山荘で出会ったドレスに森瑤子さんは一目惚れしたそうです。
このドレス、ダンスをするとビーズが床にこぼれ落ち、座った後の椅子を見ると10つぶほど剥がれ落ち、それらを全部集めて持ち帰り、小さなガラスの箱に入れて修理用に保存していたそうです。この小さなガラスの箱を「ガラスの棺」と呼んでいたと書いてありました。こぼれ落ちた美しいビーズの棺、なんて美しい言葉なのでしょうと思いました。

Maki先生のキットのネックレスが出来あがりました。
f0214858_18101325.jpg

先生のようにきっちり出来あがらないのですが、とりあえず完成させました。
by kazabana_am | 2010-07-27 18:14 | ビーズ